現在地

Sublime Textで全角英数字・記号をハイライト(強調表示)する方法

作成者:assi 作成日:日, 11/29/2015 - 16:40

Web屋に限らずITに携わる全ての人の天敵といえば、そう、全角英数字(+記号)です。

文章の中に全角英数字がちょびちょび出てくるのを見るだけでもう気持ち悪いですし、どこかでコピペした全角文字に気付かずプログラムが動かない……なんてことも、誰もが一度は経験したことがあるかと思います。

(私も実際に、お客様から提供されたメールアドレスの@が全角になっているのに気付かず、何故かお問い合わせメールが届かない、なんてクレームをいただいたことがありました)

もうこれ以上そんな悲しい事故が起こらないよう、Sublime Textに自動で全角英数字・記号をハイライトしてもらって快適なコーディングライフを送れるようにしましょう。

(Brackets版はこちら

目次

必要なパッケージのインストール

Trailing Spacesというパッケージを使います。
パッケージコントロールを立ち上げ検索し、該当パッケージをインストールしてください。
※GitHub上では半角スペースが入っていますが、パッケージコントロールではTrailingSpacesと半角スペース無しのUpperCamelCaseで登録されています。

パッケージ検索画面

パッケージの設定

パッケージのインストールが出来たら、次に設定を行います。
Preferences→Packege Settings→Trailing Spaces→Settings - Userからユーザー設定ファイルを開き、

ユーザー設定ファイルの開き方

{
"trailing_spaces_regexp": " |{|}|¥|=|”|’|+|@|:|;|_|[0-9]|[A-Z]|[a-z]"
}

こちらのコードをコピペし保存してください。

コード貼付け後

設定反映の確認

無事ソースを貼り付け保存が出来たら、即座に設定が反映され全角英数字がハイライトされるかと思います。
もしユーザー設定ファイルを保存しても変化がない場合は、Sublime Textを再起動してみてください。

反映後の画面

更にカスタマイズするには

既にお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、trailing_spaces_regexpプロパティの値には正規表現が使えます。(そもそもプロパティ名がregexpですし)
ハイライト表示する文字を追加したい場合は、|(パイプ)で区切って正規表現に基づき文字を記述していきます。

まとめ

いかがでしょうか?

たったこれだけの手間で、Sublime Textに入力した時点でリアルタイムに全角英数字をチェックすることが出来ます。
ぜひこちらの方法を活用して、全角英数字に悩まされない快適なコーディングをお送りください!

No more、 悲しい事故。

関連書籍



categories:

コメントを追加

Filtered HTML

  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 使用できるHTMLタグ: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <dl> <dt> <dd>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Markdown filter

  • クイックTips:
    • 行末に2つ以上の半角スペース = 改行
    • 空行(改行2つ) = パラグラフ
    • *アスタリスク1つ* もしくは _アンダースコア1つ_ = 強調(em)
    • **2つ** or __2つ__ = 強い強調(strong)
    • これは[リンク](http://the.link.example.com "オプションでタイトルのテキスト") です
    Markdownシンタックスのより詳しい説明は、Markdownドキュメント、およびテーブルや脚注などについてはMarkdown Extraドキュメントを参照して下さい。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

関連記事